【成功率63%UP】デートの誘いを断らせない禁断の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はデートの誘い方について書いていきます。

 

あなたはどんなデートの誘い方をしていますか?

 

「ご飯食べ行かない?」

 

簡単な誘いですが「好きな人、気になっている人」にいうのはとても大変ではないでしょうか?

 

もし断られたらどうしよう…気まずくなるかなぁ…

 

など不安もあるかと思います。

 

 

しかし

 

 

成功率がぐっとあがる方法があるのです。

 

どんな方法なのか?

 

それは

「誤前提誘導」です。

 

 

 

 

何それ?と思いますよね?

 

 

簡単にいうと

イエス・ノーでは答えられない「二者択一の質問」をすると相手はデートの誘いを断りにくくなります。

 

 

例えば…

 

 

男「もしデートとかでご飯食べるなら

和食がいい?イタリアンがいい?」

 

女「私はイタリアンがいい!」

 

男「イタリアンにもいろいろあるけど

ピザ派?パスタ派?」

 

女「やっぱーパスタかなー」

 

男「パスタなら○○店が辛くてうまい!あと○○店もヘルシーでいいなぁ!

辛い系がいい?ヘルシー系がいい?」

 

女「私、辛いの大好き!!!」

 

男「まじで?俺も俺も!」

「じゃぁ行こうよ?」

「今週の金曜日、土曜日どっちがいい?」

 

など

 

たとえ話から始めると

自分の事をきかれているにも関わらず当事者意識が薄れるため

相手の心理を誘導しやすくなります

 

 

ここで大事なのは

  • 二者択一の質問をすること
  • 相手に答えやすい質問をすること
  • 相手の答えに共感すること

です。

 

 

そして相手は自分で

 

  • イタリアンが好き!
  • パスタが好き!
  • 辛い物が好き!

 

 

と答えています。

 

その三つをピックアップした店を提示すれば

相手は自分で好きな食べものなど答えたので、断りずらい心理が働くのです。

 

 

 

「誤前提誘導」を使い

「あなたが気になっている、好きな人」

に声をかけてみて下さい。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。