ミラーニング効果を活用し、気になる相手を振り向かせる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんミラーニングをご存知でしょうか?

これをうまく使うことにより、気になる異性、もしくはビジネスにも役立ちます。

また、この方法を知ることにより、相手が自分に好意を持ってくれます。

「気になる相手がいる、好きな人がいるけど何をすればいいのか分からない…」

このような考えを持っている人はぜひ読んでみて下さい。

 


ミラーニングとは?

端的に言いますとミラーとは、鏡を意味します。ミラーリング相手のしぐさを真似るテクニックのことをいいます。

それがどのような効果を表すかというと、相手が自分と似ているのではないかと認識し始めるのです。

似ている(類似性)という行為は、例えばアニメが好きな人はアニメ好きの人たちが集まりますし、深く掘り下げるとアニメの○○が好き!などアニメ番組も一致している場合「自分の価値観がおなじだ!気が合いそう」と思うことはありませんか?

つまりあなたと私は似ているということを示すことにより行為を寄せるのです。

また、しぐさだけでなく髪型、言葉遣いなど類似性があると相手にとって親近感も湧きますよね。

かなり幅広く応用がきくテクニックなのです。

どのタイミングがベスト?

基本的に日常生活でたくさん使用場面があります。

挨拶を交わすことや一緒の作業をすることなどもです。そこからプライベート、例えば飲み会に行ったとき、相手が口元にグラスを持っていったら、同じように自分も口元にグラスを持っていくことです。

また、相手が何か料理を食べたとき、自分もその料理を食べて感想を言い合うこともよいでしょう。

このように真似をすることに相手が自分に好意があると認識し始めるのです。

注意点

ミラーニングはテクニックです。本質は相手を思いやることにあります。

真似をする行為を多様化すると「このひとうざい」と思われがちです。相手に好意を持ってもらいたいという気持ち一心でテクニックばかり行うと本質から離れます。

サッカーで例えるなら自分のゴール前でテクニカルなドリブルを行うのは危険ですよね。一番適した場面でテクニカルなドリブルを行うことこそ効果を発揮します。

つまり今回に例えるならば場面場面に「さりげなく」行うのがベストです。

さぁミラーニングで相手の心をつかもう!

好きな人がいる。気になる人がいる。そんな人が少しでもいい状況になってもらうためにこの記事を書いています。今回で言うならば相手に思いやりを持つことを前提として、さりげなくミラーニングを行ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。