【棒=火】あなたの運命を左右するカードを説明します!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今回はタロットカードの

四元素について説明していきます。

 

 

四元素って何?…

 

 

っと思うかとがいるかと思います。

簡単いうとトランプに、「ハート」、「スペード」、「クラブ」、「ダイヤ」4つの種類があります。

タロットカードにも「ワンド」、「ペンタクル」、「ソード」、「カップ」と

4種類のタイプがあります。

それぞれのカードによって意味がかなり変わっていきますが

4種類の中で「ワンド=棒=火」について説明していきます。

 

ワンドとは?

小アルカナのスートでは、四元素の火は「」を意味します。

タロットでの呼び方は「ワンド」と書かれていますが他にも「バトン」、「ロッド」と呼ばれています。

また、トランプでは「クラブ」に対応します。

ちなみにタロットカードはトランプの起源ともいわれています。

西洋占星術でいうと12の星座のうち、火に分類され

牡羊座、獅子座、射手座になります。

火のイメージ

ビックバンで宇宙が生じたときに

熱い火の塊のように

四元素の中で一番情熱的で純粋であり、原始的なエネルギーを象徴します。過去・現在・未来では未来にフォーカスし

明るい未来のたみにしっかり夢や目標設定し、過去を振り返ることはありません。

「理想の自分」を追求し、情熱に身も任せ、ひたすら前進しようとするのです。

ワンドには計画性などありませんし、終わったことを嘆くこともありません。

また、勝敗や名声にもこだわりますから、戦うことをいとわないタイプです。

ただし、情熱というのは残念ながらそうそう長くは続きません。

何かを手にした瞬間、興味を失うような、飽きっぽさががある面も否定できません。

感情面

情熱以外にも

「直観」、「創造性」、「怒りや歓喜など強い感情」

などが火のイメージです。

このカードがよく出る人

私の経験から「自分に自信がある人」によくでる傾向があると思います。

そのほかに「気分屋」、「熱く語る人」、「よくしゃべる人」に良く出る気がします。

ワンドは絵柄がかっこよく

戦っているシーンが多いです。

そして無謀な挑戦や行動にもよく現れますので

これから新たなチャレンジをする方は

意識してみるといいかもしれません。

 

タロット占いを

やってみたい方は

この記事を参考にしてみて下さい!!!

ココナラ

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。