本物のタロット占い師は当たり、外れではなく、○○です?!

タロット占い

オリュウです。

 

あなたは、お客さんを鑑定した時

こんなことを感じませんか?

 

タロット鑑定したら、お客さんの反応が薄い…

お客さんが鑑定結果に、不満な表情…

 

 

 

 

もしかして…

私のタロット占いって

外れているんじゃぁないかなぁ…

 

 

 

 

 

タロット鑑定をしていると

たまにこんな罪悪感に襲われたりします。

 

確かに、当たり外れを目的にしてしまうと

どーしてしてもこのような意識になってしまいます。

 

しかし、お客さんに対してある脳科学の知識

意識することによって、お客様に満足、かつ行動を

促すことが出来ます。

 

今回、脳科学において非常に重要な概念ですので

最後まで読んでみて下さい。

 

【タロット占い師必見】自分の可能性を信じる事が出来ますか?
自分の可能性を広げられると思いますか? いきなりですが脳の話をします。 世間一般的に ・脳は10%しか使っていない ・脳は一日に6万個の情報を処理している といわれています。 いろんな脳科学者...

 

まずは、上記のブログを読んでみて下さい。

 

スポンサーリンク

本物のタロット占い師は当たり、外れではなく、○○です?!


結論から言いますと

「質問の質」

です。

 

この質問(言葉の投げ方)によって

物凄く、未来が変わってしまいます。

 

 

まず初めにイメージして頂きたいのですが

あなたに5歳ぐらいの子供がいるとします。

 

コップに水をいっぱいにいれ、それをお盆にのせます。

 

その水がいっぱいのコップを

少し離れたテーブルに移すとします。

 

あなたは、子供にどんな言葉を投げかけますか?

 

A:こぼさないように運んでね?!

 

B:しっかり運んでね?!

 

どちらの言葉の投げかけが

子供のコップ運びを向上させるでしょうか?

 

色々、意見が分かれるかと思いますが

恐らくほとんどの方がBの子供も選んだのでは

ないでしょうか?

 

Bの子供の方がAの子供より

早く、しかも丁寧にコップを運ぶことが出来ます。

 

なぜでしょうか?

 

それは「何を主体にしているか」です。

 

何を主体にするかで、未来が変わる?!

まずAなんですが

主体は、「こぼさない」ことです。

 

この意識ですと

こぼすorこぼさないにフォーカスしてしまい、

 

・こぼしたらどうしよう…

・こぼさないようにしよう…

 

と意識が働き始めます。

 

 

そうなるとより慎重に、またこぼした後も考えてしまい

失敗する確率が可能性が高くなります。

 

このような意識は、子供だけでなく

大人になってからもあります。

 

誰にでもある経験かと思いますが、例えば

初めて会社に入った時、右も左も分からない時は

どーしても上司の顔を意識していませんでしたか?

 

そうなると

「失敗したら、どうしよう…」

「怒られたら、どうしよう…」

 

この意識をベースに考えてしまうと

自発的に行動も出来ず、常に上司の機嫌に左右され

仕事にも打ち込むことが難しくなります。

 

 

では、Bはどうでしょうか?

Bの主体は「しっかり」です。

 

しっかりとは

例えば、

固定を意識し始め、バランスを重視するかもしれません。

 

あるいは、優秀な子供でしたら

先にテーブルまでの道のりを調べて、何歩で

到達できるか、計算するかもしれません。

 

つまり、AとB、投げかける言葉によって

子供の意識が変わり、コップの運ぶスピードや精度が

変わってしまうのです。

 

タロット鑑定にも応用?!

あなたは、お客さんに対してどんな質問を投げかけていますか?

 

例えば、恋愛運を占っているとします。

男の人が好きな女の子にアプローチしたいケースとします。

 

タロットカードを参考にして

 

・好きな女の子を悲しませないためには…

・好きな女の子に嫌われないためには…

 

この言葉の主体は、「悲しませない」「嫌われない」

です。

 

 

 

・好きな女の子が、喜ぶには…

・好きな女の子は何に興味があるのか…

 

 

これの主体は

「喜ぶ」・「興味」

です。

 

後者の質問の方が、前者より、意識が向上し

色々とクリエイティブな発想が出てくるかと思います。

 

質問の質は自分への質問

これは日常的にも使えます。

 

あなたは何か物事が動いた時、

どんな自問自答していますか?

 

仮に物事が失敗とします。

 

 

・失敗

→○○さんは出来たのに、なんで私は…

→私は、いつも失敗ばかり…

 

 

 

・失敗

→なぜ失敗したのか?どこが悪かったのか?

→この経験によって次起きないようにするためには…

→こういう日もある!

 

 

普段の自問自答により、

これらかの未来や行動に大きく影響していきます。

 

稀に、性格だから仕方ないという方がいらっしゃいますが

少なくとも、自分に対する質問を変える事は今すぐにでも出来ます

 

タロット占い師は当たり、外れではなく、質問の質です?!


よく恐怖心を煽って、

 

「あなたは、前世の霊によって報われません…」

 

などおっしゃる占い師、鑑定師さんがいるかと思いますが…

 

結局の話

お客さんに恐怖心を与えてしまい

不安を煽る形になってしまいます。

 

もちろん、最終的には、お客様が満足して頂ければ

いいと思います。

 

しかし、わざわざ鑑定を受けて、恐怖にフォーカスさせるのも

疑問に感じます。

 

「○○にならないためにどうするかより、

どうすれば○○になるか?そのために何をするべきか?

 

この質問を投げかける事により

お客様も鑑定を通して「可能性」を探し始めます。

 

まとめ


今回は「質問の質」について

ブログに書きました。

 

当たり、外れを目的として鑑定より

質問の質を意識した鑑定を提供すれば

よりお客さんと接点を持てますし、リピートしてくれる

確率も上がります。

 

また、質問の質に関して、

もって知りたい、もっと鑑定を向上させたい!

っという方がいましたら、私の無料タロット講座に

参加してみて下さい。

 

タロットカードの解釈、タロットヒアリングの

情報を提供してますので、登録お願いいたします。

 

 

 

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。